医師だって転職したい!転職に適したタイミングとは

医師が転職を考えるときは平均で3~4回

病院で働く医師にも転職を考える時期があり、定年までに平均で3~4回の転職を経験する人も珍しくありません。医師に成り立ての頃は、「研修医」として大学病院などで医療に関する教育を受け、様々な知識を身につけたり実際に患者さんの診察や治療を通して経験を積んでいきます。しかし、年数が経ちベテランの医師になれば専門医として独立したり、研修を終えると付与される「医学博士」の称号を貰うことで一つの区切りとして考える人も多いようです。

「なぜ転職したいのか」を考える

医師によって転職する理由は異なり、自分が得意とする分野の専門医になりたい人や経験を積んだことで更なるスキルアップを目指したい人など様々です。女性医師であれば、毎日の子育てや家事と両立できる職場を考えたり、自宅から通いやすい環境へ移りたいと思う場合もあるでしょう。具体的な行動に移す前に、「なぜ転職したいのか」という理由を最初にはっきりさせて、できるだけ自分の希望に沿った転職先を選ぶのがベストになります。

自分の知識や経験生かせる職場に

一口に「病院」と言っても、それぞれの病院の特徴や科によって求められる医師は様々です。総合病院やクリニック、病院の位置、1日辺りの患者さんの数や業務内容など、必要な情報は転職する前に確認しておくと自分に合った転職先を見つけやすくなります。その上で今まで培った知識や経験を生かして働ける環境であれば転職前よりもやりがいのある仕事ができる可能性が高くなるため、複数の転職先を見つけてじっくり検討してみることもおすすめですよ。

医師の転職のメリットの一つとして収入を増やせるということが挙げられます。新しい職場で新たな技術を磨いてスキルアップさせることで前職よりも多くの収入が期待できます。